飲食店経営

飲食店の経営における立地の重要性や影響、立地が悪い場合の解決策を徹底解説!

「飲食店の立地の重要性や影響」のイメージ

飲食店が成功するかどうかは、お店の立地に大きく左右されます。実際に、お客様が多くなってきたという理由で店舗を移動した途端、売上が大幅に落ちたという店舗も。

しかし、コロナ禍の影響により、立地の良い場所でも売上が落ちているのが現状です。逆に、立地が良くない場所でも売上を伸ばしている店舗もあります。そのような店舗はどのような工夫をしているのでしょうか。

この記事では、飲食店の経営における立地の重要性や影響、立地が好ましくない場合の解決策を解説していきます。立地が悪い店舗でも売上を上げる秘訣などもご紹介しますので、立地が悪くて売上に悩んでる飲食店のオーナー様は、ぜひ参考にしてください。

店の立地で売上が決まる!?

飲食店を開業するにあたって、最も気になるポイントのひとつがお店の立地ですよね。お店がどこにあるのかによって売上は大きく変わります。駅の近くにあっても、立地にあったお店じゃなければ需要はありません。例えば、学生の利用が多い駅の付近に、高級レストランを開店しても利用客が見込めません。

このように、駅付近や人が多い立地であることは重要ですが、その立地のニーズに合ったお店で有ることも重要となります。そして、立地の良い物件は家賃などの経費が高くつくのがデメリットとなります。家賃で圧迫されて経営が成り立たないということにもなりかねません。

コンセプトにあった物件を探す

出店したいお店が、どのようなお客様をターゲットにしているのかをリサーチすることが最も重要です。ビジネスマン、学生、主婦、ファミリー、OLなど、ターゲットを明確にすることにより、出店するエリアや物件がおのずと定まってきます。

お店を出店するのは多額のお金がかかりますので、一度出店するとそうそう簡単には移転できません。「立地7割」という言葉があるとおり、どんなに頑張っても立地が悪ければ経営を続けていくのは難しいと言えます。

立地を見極めるポイント

立地を見極めるのは、素人ではなかなかむずかしいことと言えます。多くの人が思い描くイメージは、
駅に近く、人通りが多いという2点ではないでしょうか。しかし、そのような物件は人気があり、空きがあっても家賃が高くなかなか契約するのが難しいというのが現状です。

また、駅前かつ人通りの多さから安易に出店して、失敗するケースも考えられます。立地を見極めるポイントをおさえれば、駅前や人通りが多い場所ではなくても、利益を出すことは可能です。

立地を見るべきポイント

立地を見る順番は以下の通りです。

商圏
競合
立地特性

商圏とは、お店に来るお客様が住んでいる範囲を意味し、立地を見極めるポイントとして最も重要です。一般的には、店を中心とした半径の距離で表現されることが多いですが、店から徒歩10分圏内などと、移動にかかる時間で表現するケースもあります。

競合とは、商圏内に同じような店があるかどうか。競合店が無いことも重要ですが、逆に競合店があることで相乗効果により売上が上がることもあります。出店の際には競合店に行って調査することをおすすめします。

また、立地特性とは、お店の前を通る歩行者数や、歩行者からのお店の見え方など、お店の周りに関することです。歩いていて目に止まるような場所が理想と言えますよね。

人気の立地ほど要注意!

人気の立地にたまたま空きが出た場合など、多少家賃が高くてもすぐに契約してしまいがちです。しかし、人気の立地ほど注意する必要があり、成功するとは限りません。人気のエリアは競合店が多く、家賃が高いので失敗する可能性が高いので、出店するなら十分なリサーチが必要となります。

立地が悪くても集客する方法はある?

立地が良い場所に店舗を構えるのは、飲食店経営において重要なことです。しかし、立地の調査を間違ってしまい、すでに立地の悪い場所に出店してしまった、予算がなくて希望の立地に出店できない、ということも多いのが現実です。

そのような場合でも集客することは可能です。しかし立地の悪い店舗では、実店舗への誘導が難しく。時間がかかります。コロナ禍で生活スタイルが変化し、緊急事態宣言によってお家時間が増えた今がチャンスです。

立地の悪い場所では、フードデリバリーサービスを活用しよう!

2020年からのコロナ禍により、2度目の緊急事態宣言を受け、立地の良い場所でも集客に悩んでいる飲食店が多いのが現状です。そこで利用したいのが、出前館などの「フードデリバリーサービス」。

今までの集客方法は主に以下の4つです。

・割引きサービスやクーポンサイト、グルメサイトに頼った集客方法。
・チラシや店内チケットなどによる集客方法。
・メール会員やLINE会員獲得によるDM等の一斉配信による集客方法。
・SNSによる集客方法。

いずれの集客方法も、実店舗へ誘導するためのものです。しかし立地の悪い店舗において、実店舗へ誘導するのは難しいですよね。立地が悪いお店ほど、「フードデリバリーサービス」を利用すれば、お店の存在を知らない人にも宣伝することが可能です。

フードデリバリーサービスの活用方法

現在「フードデリバリーサービス」は、ものすごい勢いで普及していています。国内最大級の「出前館」に出店中の飲食店は50,000店舗に到達。立地の悪い店舗において、フードデリバリーへの参入は集客に有効的といえます。

コロナ禍がいつ終息するかわからない現在において、立地の良い場所でも実店舗の売上は低迷しています。立地の悪い店舗において重要なのは、実店舗以外で売上をつくること。今後は来店なしのデリバリー専門業者が増えることも予想されます。

以前はデリバリーと言えば、「宅配ピザ」や「宅配寿司」などが主流のイメージでしたが、現在はさまざまな飲食店が参入しています。ユーザーの意識も変わってきていますので、ぜひ「フードデリバリーサービス」の導入を検討してみてください。

フードデリバリーサービスは知名度も大事

コロナ禍の影響もあり、フードデリバリーサビースに参入する業者も増えました。しかし、闇雲に登録しても知名度や集客力がなければ注文に繋がりません。フードデリバリーサービスに登録するなら、まずは知名度のある「出前館」などがおすすめです。

フードデリバリーサービスは国内最大級の出前館がおすすめ

「出前館」はCMやサイトの広告などで見かけることが多いサービス。初期費用が0円で始められるのも魅力的です。登録も簡単にでき、タブレットひとつで注文受付・管理を行うことができます。自社配達と配達代行が選べますので、配達のための人員を確保できなくても始めることができ、出店のリスクも少ないですよね。

まとめ

この記事では、飲食店の経営における立地の重要性や影響や解決策、立地が悪い店舗でも売上を上げる秘訣などをご紹介しました。

いつコロナ禍が終息するか見通しがつかない状況において、立地の悪い店舗における売上は特に不安定となります。今後の飲食店における集客方法は、「フードデリバリーサービス」の利用などによる店外での売上アップがポイント。

立地が悪くても、「出前館」や「Uber Eats(ウーバーイーツ)」などの知名度のあるサービスに登録することで売上アップが期待できます。特に「出前館」は、知名度やユーザーの数も国内最大級。この機会に、フードデリバリーサービスに参入して、集客を増やしていきましょう!