飲食店経営

飲食店で「売れるメニュー」の作り方とは?看板商品を生み出す秘訣をご紹介

飲食店で「売れるメニュー」の作り方イメージ

飲食店の人気を大きく左右する要因のひとつがメニューであり、売れる商品を一つでも生み出すことができれば、強力な売上基盤を持つことができます。これから飲食店を開業させる予定という方なら誰もが行き付き、悩むことになるのが、どんな看板商品を作るべきかという課題ではないでしょうか。

繁盛している飲食店は、ある法則に従ってメニューを作っていることが多く、こういった知恵を自分自身のお店の経営にも生かすことができます。この記事では、飲食店で「売れるメニュー」を生み出すための秘訣をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

飲食店のコンセプトが明確なメニューを開発する

もっとも基本的なポイントとなるのが、飲食店のコンセプトやテーマに立ち返り、それに合致したメニューの開発と提供を徹底することです。たとえばインテリアに木材を多用しているお店の場合、自然食メニューは雰囲気にマッチしますが、ジャンクな料理はミスマッチになる可能性があります。

お店のコンセプトを重視することによって、他店にはないオリジナリティのあるメニューを開発することも容易です。

立地や長所にマッチした料理を提供することもポイント

コンセプトだけではなく、結果的にお店の長所や特徴となっているポイントを前面に生かした料理を提供することも意識しましょう。たとえば駅から近く、ビジネス街にある飲食店であれば、注文から20分以内に食事が済むようなランチメニューを開発すると顧客のニーズに合致します。

反対に住宅街にお店を構えたのであれば、小さな子どもでも安心して食べられるような無農薬野菜を使った料理を用意すると、口コミで評判が広がりやすくなります。

SNS映えする話題性のあるメニューを用意する

コンセプトを大切に守りながらも、SNS映えするようなインパクトのあるメニューを開発することも、お店を話題にするためのコツになります。いわゆる「デカ盛り」はテレビのワイドショー等でも特集されるジャンルですので、こういったメニューの作成を考慮する価値は十分にあるでしょう。

オシャレな雰囲気の飲食店であれば、見た目をとにかくきれいに盛り付けたり、珍しい素材を使ったメニューを用意したりする戦略も有効です。

SNSで流行をチェックすることも大切

2019年頃から空前のタピオカミルクティーブームが起こり、あらゆる場所に専門店が出店され、ファミレスや回転寿司店などでもタピオカの提供が行われました。こういった流行はいかに先乗りするかが重要なポイントになりますから、インスタグラマーなどSNSで流行をリードする人物の投稿を見て、常に流行を取り入れましょう。

話題性のあるメニューをいち早く導入することによって、流行の発信源として一目置かれる存在になれる可能性も秘めています。

飲食店のメニューは「タイトル」や「見栄え」にも気を配る

いくら魅力的な料理を考案することができても、それを宣伝する方法が上手でなければ、お客様に選んでもらえる人気メニューを作ることはできません。タイトルや見栄えにも配慮したメニューを作ることによって、お客様が選びやすく、入店しやすい飲食店を作ることが可能です。

メニューのタイトルは手短にする

こだわりのある料理の場合、ついタイトルが長くなってしまうものですが、すべてのお客様がじっくりとメニューを眺めるとは限りません。急いでいるお客様や、瞬時に注文する料理を決めるお客様は、長すぎるタイトルの料理に注目する可能性が極端に低くなります。

メニューをゆっくり見て注文を決めるタイプの方でも、専門用語が入っていたり、複雑な料理名になっていたりすると、どんな料理なのかイメージできず敬遠してしまいます。料理のタイトルは10文字前後に抑えることを意識して、見やすさや注文のしやすさを重視しましょう。

メニューの数が多すぎないように注意する

開業の計画をしていると、やりたいことが非常に多くなり、あれもこれもとあらゆるメニューの構想を繰り広げてしまうものです。しかし、あまりにもメニューが多すぎると、お客様から見てなんのお店なのか分かりにくく、扉を開いてもらいにくくなってしまいます。

いざ着席してメニューを開いてみても、文字や写真で埋め尽くされていると、情報量が多すぎて疲れさせてしまうことがあるため要注意です。すべてのメニューに対して写真を添付するのではなく、自信のメニューや売りたいメニューだけにピンポイントで写真を付けることもおすすめします。

抑揚をつけることによって情報を整理でき、イチオシが伝わりやすくなりますから、お客様がメニューを選ぶ時間を短縮でき、回転率を上げることも可能です。

限定メニューに頼り過ぎてはいけない

「日本人は限定に弱い」という言葉があり、実際にそれを自覚している人も多いのですが、限定メニューに頼り過ぎることも避けましょう。たとえば「ランチ限定20食」というメニューを1種類だけ用意すれば、希少価値をアピールでき、それを求めるお客様で繁盛する確率が高くなります。

しかし限定メニューの種類が多すぎたり、用意数が多かったりすると、「いつ行っても食べられる」と思われ、飽きられてしまうのです。限定メニューの評判がよく、完売が続くような状況になったとしても、欲を出して限定数を増やすということは避けるべきと言えます。

デリバリー用のメニュー開発も飲食店を成功させるためには必須

新型コロナウイルスの発生ならびに蔓延によって、出前館やウーバーイーツの利用者数は大幅に増加しています。
外食を自由に楽しむことができない分、自宅の食事を豪華にしたいと考えるお客様も多いため、デリバリー用のメニュー開発も並行して行いましょう。

デリバリーに向いた料理の特徴としては以下のような共通点があります。

それぞれを詳しく解説します。

盛り付けが崩れにくい料理

盛り付けに凝った料理の場合、バイクや自転車で配送している最中に崩れてしまい、見栄えを大きく損なうリスクがあります。メニューの写真を見て楽しみにしていたお客様をがっかりさせてしまう恐れがありますので、そういったリスクのない料理を用意しましょう。

冷めても美味しく食べられる料理

たとえばラーメンやトロトロのチーズを使った料理の場合、配達途中で冷めてしまうと料理のクオリティを保つことが困難になります。冷めても美味しさを保てる料理や、温かいまま配達できる確率が高い出前館との提携などがおすすめです。

大手が提供していないジャンルの料理

ピザなどは既存のチェーン店が持つブランド力が強く、正面から戦っても勝つことが困難です。大手有名店が提供しているメニューの提供は避け、「ここでしか注文できない」と思われるメニューを売り出しましょう。

まとめ

飲食店が「売れるメニュー」を開発するためのコツとしては、お店のコンセプトに合致したメニューや、流行をいち早く取り入れたメニューを提供することを挙げられます。メニュー表の作り方そのものにも工夫を加えたり、今後の飲食店のカギを握るデリバリーに向いた料理を作ったりしながら、人気店を作り上げましょう。